短かい日記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

クール&ザ・ギャングの「セレブレーション」

私の年代はやはり80年代が一番いかった時代だ。今でもこの時代の音楽がいい! って、突然何よ!?って感じだけど。 この曲は札幌の学生時代を思い出す数々の名曲の中の一つ。 クール&ザ・ギャングの「セレブレーション」。 今でもテレビのバックで流れたり…

家族信託 100万円もかかるの!?

NHKを何気なく見ていたが、これは考えないとヤバイと思った。 自分の親が認知症になった場合、恐ろしいことが起きる。 認知症などで本人の判断能力がない場合は口座も凍結され、不動産の売買もできなくなるのだ。 そうなれば、認知症になった親を施設に入れ…

北海道幌加内町「八右エ門」手打ちそば 美味し!

北海道雨竜郡幌加内町は、そぼで有名な町で、なんとも穏やかです。 人口が1500人。 でも、アホみたいに縦長に広大な町で、日本で1・2を争う人口密度の低い町。 今日は町長・町議選の告示日ですが、この幌加内町も今日だけはちょっと賑やかとまでも行か…

ゴールデンウイーク10連休問題

調査機関によってまちまちだが、10連休になるのは3~4割程度らしい。調査によっては約25%というのもあるし、50%に近いのもある。結局のところわからないが、10連休になるのは間違いなく半分以下のようだ。 公務員や大企業ぐらいじゃないの10連…

桜田おじさん

ランチを待つ間、今週を振り返る。 ブラックホールの画像を人類で初めて見たわけだが、今週はやはり桜田でしょう。 ホントになんでこんな人が大臣だったのか? 桜田大臣について、ここまでは完全に実力以上のポストを任命され、毎日ドギマギしてる桜田氏のド…

とにかく詳しいことがわからない。

新元号が「令和」になってSNS界隈のみならず大盛り上がりだったようです。新年のあけおめよりすごかったと聞いて、やはりなんか国がひとつになり、国民が注目した1日だったのは間違いない。まあ、こういう盛り上がりがあると必ず「そんなに騒ぐことか?」っ…

この年になっても、何かがわかるということが楽しい

今年の京都大学の卒業式で学部代表になったのが、62歳のオッサンだ。 そのオッサンがこう言っていた。 「この年になっても、何かが分かるということが楽しい」 これホントそう思うんだよね。 最近、昔のように飲みに行くこともなければ、べつに人と一緒に…

イチローが引退し、平成も終わるし、私の時代も終わった

この世に私の時代があったわけではないが、なぜか左足が痛かったり、何を取りに2階に行ったか忘れたり、指が乾燥してスーパーのレジ袋がめくれなかったり、何か空中に飛んでるものが見えたり、ハズキルーペ買ったり、どう考えても私の時代は終わった。とい…

家族の幸せは、ママの笑顔でできている

母親は子供に対して、無償の愛を持っているものだが、それ以上に、子供は母親に無償の愛を持っている。無条件に母親を愛しているのだ。 今日の王様のブランチで紹介されたウェブCM。 お母さんの涙に僕は簡単にもらい泣きする。 ママの笑顔ほど子供を幸せにす…

髪の毛グシャグシャ

先日、ビールを飲みながらyoutubeを見ていた。 たまに泣けるときがある。 「キセキ」を聴くと息子の少年野球を思い出して泣いたり、アンジェラ・アキの「手紙~拝啓 十五の君へ~」聴いて、息子も悩んだりしただろうと泣けたりね。 パソコンを開き、手元の新…