短い日記

オッサンの短い日記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

雑記

この世には無限に本がある

ビール飲む暇はあっても、ブログを書く暇はありません。 早く定年になりたい~!ここ数年、小説を読むことが人生の楽しみになっており、この世には無限に小説があるということで、楽しむ資源は枯渇しないという安心感があります。定年後は、思う存分、いろん…

小さな巨人みたいな

最近、人嫌いでね。 特に4月に人事異動になってからさらにひどくなってきており、今日も毎年恒例の飲み会であったが、大勢の飲み会がべつに面白いものでもなく、作り笑いや、話を合わせるのも面倒くさいので、欠席を早々と表明した。まあ、明日の日曜日、仕…

どうすれば胸を張って生きて行けるのかを考えた方がいい

世間を騒がしている日大。 内田前監督のウソを通そうとする日大はもうダメダメ大学だね。 赤の他人の人生に責任も持てないし、指図もできませんが書きます。 井上コーチ頼むよお前。 井上は内田前監督に日大に就職させてもらった恩があり、頭が上がらない。…

日大のグダグダ会見

日大の内田前監督と井上コーチの会見を見たが、結局保身のために行っただけだね。 言葉足らずだったとか、誤解を招いた的な説明で、メンゴメンゴという謝罪形式は、自分に責任があり、反省してるふうだが、実は言ってることは、相手は「こっちの言った言葉を…

真実を捻じ曲げる日大

この期に及んでも真実を捻じ曲げようとする日大。地に落ちたというより、地獄に落ちろと言いたいね。 「QBつぶせ」は「思い切って当たれ」の意味だと、宮川選手の会見の夜苦しい言い訳をしている。それが本当なら最初の反則の段階で、この選手を引っ込めて…

石原さとみはもうIT社長のものなのか

箱ティッシュは突然エンディングがくるよな。そして、最初の一枚は取りずらかったり破れたりするね。ということで、そんなことはどうでもいいのだ。 完璧主義はだめだね。 いつも機嫌が悪い人は完璧主義者に多い。それは、現実を受け入れられないタイプの人…

イチローのニュースに心が揺れた、GW後半。

GW後半は遠出することもなく、後半初日は仕事。連休の谷間の2日間では追いつかなかった仕事を残すわけにはいかない。少しでも、不確定要素を減らすため準備をしないと落ちつかない。不安で休みを過ごすより、仕事している方が全然イイ。GWの1日を犠牲にし…

TOKIOの会見、松岡が一番立派な話してたな

TOKIO4人の記者会見がありました。 連休の谷間で仕事でしたが、谷間といえばお姉ちゃんの胸の谷間の方がいいという、関係ないこと書いてもしょうがない。 TOKIOの会見、ちらっと見ました。 やはり山口メンバーの甘えの心理はこの会見でも露呈した感じだね。 …

1987年バブル絶頂期のコカコーラのCMが爽やか過ぎて死にたくなるww

1987年バブル絶頂期のコカコーラのCMが爽やか過ぎて死にたくなるww このタイトルの気持ちがよくわかる。 全く私の世代ですよ。 バブル全盛期は、考えてみれば私も全盛期でしたね。 美しい時代でした。 このCMの美しいお姉さんたちもかっこいい男子たちも、…

13日の金曜日、大安

今日は13日の金曜日ということですが大安です。 ヤクザなのにイイ人みたいな、どっちやねんという日です。 なんかこの矛盾がいいね。 小さな巨人みたいな。 昔プロレスラーにグレート小鹿ってのがいた。 グレートなのに小鹿かよ。 グレート小鹿は全日本プロ…

疲れたね。

しばらくぶりの更新です。 そりゃ、そうだよ。転勤したばかりで、大きな環境の変化にブログをながめる余裕すらありません。 車での通勤ですが、毎日往復80キロ。このトシにはきつい。目と肩と腰にきます。アリナミンEXでも飲むしかないか。 とにかく早く定年…

送別会 ありがとうございます。

人事異動の時期となり、私も転勤が決まり、いくつかの送別会をしていただいております。 でも、本心で言うと、苦手なんです、こういうの。謝辞ということで毎回挨拶をしなければならないし、転勤の準備もあるし、引き継ぎもあるし、忙しくて昼も寝られません…

スッキリ見ながら書いてます。卒業式は泣ける。

春分の日。今テレビで卒業式で絢香がサプライズで登場していた。 特にサプライズはなくても、やっぱり卒業式って泣けるね。 泣けるといっても、何十年も前の自分の卒業式はどうだったのかあんまり覚えてない。だけど、子供の卒業式は幼稚園から全部覚えてい…

王様のブランチをみながら書いてます。

一週間のご無沙汰でした。 森友問題。文書改ざんなどで、自殺者が出たりでテレビの報道番組は連日連夜取り上げています。まあ、それにしても安倍昭恵夫人のさげまんぶりはすごいね。フェイスブックでいいねをした話も首相夫人としては全くわきが臭すぎる。違…

オー・チン・チン 

夢って不思議だよね。 夢は夢でも、寝ていて見る夢のこと。 もう何十年も会っていない、小学生の頃の友達が突然出てきた。サトル君。 たしか4年生の時に転校して行ったサトル君。 全く頭のどこの片隅にもいなかった人物が登場した。あのころの姿しか知らな…

平昌五輪が終わりましたね。そだねー。

終わってみるとあっという間という感じで平昌五輪が終わりましたね。 ホント感動しました。 最後に昨日は高木菜那選手がマススタートで初代金メダリストとなり、カーリング女子は銅メダルになるし、最高の終わり方ができました。別に五輪関係者ではありませ…

昼休みです

この時期は強烈な仕事漬けの毎日でございまして、考えること、やらねばならぬこと、山積で脳みそがついていけません。あまり難しいこと考えすぎて、脳みそがオーバーヒートし、パンチパーマになりそうです。そんな中で、ブログ書くなんて全く時間の無駄遣い…

女子ジャンプで伊藤有希が高梨沙羅に駆け寄り抱きしめたシーン

涙腺の緩いオッサンは、女子ジャンプで伊藤有希が高梨沙羅に駆け寄り抱きしめたシーンに泣けた。感動した。 プレッシャーをはねのけメダルを獲得した沙羅ちゃん。色は金じゃなかったけど、悔いのないジャンプができたようでホントよかったとオジサンは思う。…

あたし おとうさんだから

「あたしおかあさんだから」という歌が議論を巻き起こしているとは知らなかった。もちろんその歌も聞いたことはない。 しかし、ネットでその歌詞を見た。 これはネットで騒ぎ出しそうな歌詞だもんね。 ネットにある通り、聞いて涙する人もいる一方で、恩着せ…

子ども絵画コンクール 「野球の仲間」

旭川の隣町に鷹栖町という町がある。 トマトジュース「オオカミの桃」が有名で、今年1月5日に南極点無補給単独徒歩到達に成功した冒険家、荻田泰永が住んでいる。 まあ、そんなことどうでもいい。いや、どうでもよくない。 今朝の北海道新聞。 鷹栖町の小学…

「終末時計」残り2分だって。

この過去最大の寒波のさ中、アメリカの科学雑誌、「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」は、地球最後の日までの残り時間を象徴的に示す「終末時計」の針を30秒進め、 過去最短 の「残り2分」になったと発表しました。 知るかそんなこと!…

小室哲哉の引退など、いろいろありましたが

私の頭からブログを書くということがすっかり抜け落ちてました。抜け落ちたと言っても、髪の毛じゃないですよ。 というか、書くことがないの。なにもないの。 怒涛の新年会ラッシュ。前回も書いたのにまた書いてもしょうがない。 書くことないなら、新年会の…

年の瀬でんな~。もう、雪いらんよ!

今年もいろいろありました。あったんですよ、いろいろ。私にも。 国内外のいろんな出来事、重大ニュースの時期ですが、北朝鮮問題、森友加計問題、政治家の不倫、暴言、日馬富士の暴行問題、それらのことひとつひとつコメントすることはやめておきましょう。…

ひふみんは面白いね

ひふみん。人気だね。かわいいという若い女も多いらしい。しゃべると早口で、なにを慌ててるのかと思うけど、それもおかしくていい。結構前向きな発言も好感の持てるところのようだ。もうトシだからとか言わないで、新しい世界でもがんばるみたいな姿勢がい…

白鵬VS貴乃花親方

白鵬もおかしなことになってきたぞ。 ご存じのとおり、貴乃花巡業部長では冬巡業に参加できないなどとまたバカな発言をしたのだ。これは今後、白鵬VS貴乃花親方になるのかな。 ということで、相撲ファンではありませんが、国技ということで、この国を預か…

相撲協会の闇 日馬富士は引退か

お久しぶりです。ちょこっと書きます。 今回の日馬富士の事件は、報道、憶測の通りだが、まあ、酒癖は悪かったんだろうね。それにしても、何かとキレる人格はろくでもない人間の証拠です。ハッキリした事実は分かりませんが、ビール瓶であろうとなかろうと暴…

六本木心中 アン・ルイス 吉川晃司

私はこれ、リアルタイムで見てました。夜のヒットスタジオ。 アン・ルイスの六本木心中は私の中の名曲です。 だけど心なんてお天気で変わるのさって、ほんとだよな。 この時代のテレビは今より良かったね。こんなことできたんだもんね。 それにしても、今こ…

衆議院議員総選挙が終わりました。

衆議院議員総選挙が終わり、今回の選挙、自民党単独過半数に関しての総括は、長くなるのでしません。別にどちらの方面からも要請されてもいませんし。 いや、しようと思えば出来るんですよ。非常に含蓄のある、深~い話をいくらでもできるんです。しかし、そ…

ノーベル文学賞のカズオ・イシグロさんの本、早く読んでみたい

一週間がたち、やはりM君からは連絡が来ない。時間は戻せないので仕方ないと吹っ切ることにした。そうでもしないと、この難局を乗り切れません。どんな難局かというと、簡単に言えば処理しなければならない仕事が山ほどあるという難局です。いくらやっても…

私は最低の人間だ。自分がイヤになりました。

行くべきではなかった。先週の札幌。 大学生の息子との用事以外に、私にもう一つの目的があった。 私はこれで大失敗をした。 それはもう30年以上あっていないM君のことだ。 旭川の某高校入学した初日、はじめて言葉を交わしたのがM君だった。それが縁で…