短い日記

オッサンの短い日記です。

ニセコ方面へ行きましたよ

10連休という人もいるようですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。私も8月11日~15日まで連休となり、しばらくブログに触れることもなく過ごしてました。

前半3日間は、岩内町やニセコ方面へ、義理の両親を連れていくという善人丸出しの運転手兼介護職員をしました。3日間で650キロ以上運転し、ふだん長距離を運転することのない私にとっては空前絶後の~と言いうのは大袈裟ですがかなりの重労働でした。

岩内町というところに妻の妹夫婦が住んでおり、義理の両親が体の動くうちにもう一度行きたいということで今回の旅行となりました。妻と夏休みで帰省中の息子、義理の両親と私の5人で片道300キロ以上のドライブでした。義理の両親は視覚障害を持っており、一人で歩くこともできないので、トイレから食事、入浴のすべてに私は義父の介助をしなければならず、大変なのは分かっていました。でもこの3日間、楽しく満足してくれたので本当によかったです。まあ、すべて妻のためです。義理の両親が喜んでくれると妻も喜んでくれる。妻が喜んでくれると私も幸せになる。これだけの時間と労力を費やした価値があるってもんです。

でも、きれいごと抜きで正直言うと、勝手なこと頼まれたりわがまま言われると、ついついイラッとくるときもあります。障害あるし年寄りだから仕方がない。そうわかっていても、めんどくさっ!て一瞬でも思う私はいくつになっても人間出来ていないと痛感します。へこみますね。

でも大学2年生の息子も、介助をほとんど手伝ってくれてだいぶ助かりました。余市、真狩村、岩内、小樽、ニセコ、いろいろ行きましたが残念ことに初日以外ほぼ雨でした。

岩内町で義父がラーメンを食べたいと言ったので、適当に車を運転しながら、どこかにあるだろうと思い探してもなかなか土地勘がなく見つけられない。どうしてもラーメンが食べたいかい?と妻が念を押して聞いても、ラーメンがいいということで、何とかネットで検索しラーメンが美味そうな食堂にこぎつけた。

「じいちゃん、何がいい?」

「うーん、カツカレー」

私たちはドリフになったよ。

まあそういうネタを作ってくれた義父に感謝の連休でした。