短い日記

オッサンの短い日記です。

旭川ラーメン「ふるき」で幸せに

昨日はしばらく日曜日がイベントなどでつぶれていたので、3年ぶりの代休。妻と久しぶりのデートになりました。妻は看護師なので休日は曜日関係なしの不定期なので、普段はなかなか休みが合わないのだ。

午前中は妻も掃除洗濯などで時間を使い、私はいつもの休日どおりに午前中はモーニングジャズを流しながらの読書で過ごしました。昼になり、約半年ぶりに旭川ラーメンの中でも私的ほぼナンバーワンのラーメンを二人で食べに行きました。

ここは水木金土だけの営業で、特に土曜日は待ち時間1時間以上という行列店なのだ。平日の昨日は13時頃に行ったが30分待ちでした。

ここは店先で行列になることはなく、入店したら最初に名前・人数・注文メニュー・携帯番号を所定の用紙記入し受付を済ませる。目安の待ち時間を教えてくれる。そして順番が来たら携帯に連絡が入るシステムだ。ほとんどの客が車で来ているので、店先に行列することなく、車で待っている。または別の用事を済ませてから、目安の時間ころに戻ってくる。これはお客様ファーストの考え方で、特にここ旭川の冬は厳しいのでありがたいシステムなのだ。冬に外で並んで待つのはほぼ地獄。吹雪の日もあれば、マイナス20度になる日もある。そんな地で、外で待たせないのは店にもお客様にもWIN-WINなのだ。

f:id:oji3nosonogo:20170923080151j:image

とにかく私的にはナンバーワン味噌ラーメン。味はもちろん、店主の古木孝子さんの笑顔での接客と仕事ぶりが素晴らしいのです。

そしてここで食べているお客さんがみんな幸せそうな表情でここのラーメンを食べている。

隣の席でも私たちと同年代の夫婦が幸せそうな表情で味噌ラーメンを食べていた。なんと奥さんの方がドンブリ両手で全汁するのを見た。両手でドンブリ抱え全汁だよ。横綱か?優勝したんか?って感じだったけど、とにかく幸せそうだった。

先月この店に北海道の人気ラーメン店ランキングで一位を独占し続ける札幌のラーメン店『麺屋彩未』さんのオーナー奥雅彦さんが来店され、味噌バターラーメンを全汁してうなったそうです。ここの味噌ラーメンを食べるときに、塩分取り過ぎだの、動脈硬化だの血圧上がるだのそんなこと言ってる場合じゃない。全汁して幸せになろう。

 その後、私たちは美瑛町へパンを買いにいきがてら、ドライブと散歩で秋晴れの一日をまったりの~んびりとデートしました。

f:id:oji3nosonogo:20170923080536j:image

結婚して20年以上になりますが、ホントに結婚はいいもんですよ。妻がいてそれがどんなに幸せなことかと思います。

燃え殻さんがこんなこと言ってます。

www.asahi.com

燃え殻さんの本を読んだ記事。

 

short.hatenadiary.jp