短い日記

オッサンの短い日記です。

スポンサーリンク

旭川の海老そば「エースのジョー」に行く

昨日は久しぶりに海老そば「エースのジョー」に行きました。移転後はじめての訪問です。

写真を見てわかる通り、そばといいつつラーメンです。「海老そば(みそ)」を食べました。

ラーメン屋なのにわざわざそばというのはいったいなぜなのか?海老ラーメンでいいのではないか。別にそれが気に食わないわけではないが、みそ・塩・しょうゆがそばにあるか。そんなことを言っているとめんどくさいオヤジだと言われ、もし独身であれば一生結婚できないだろう。

f:id:oji3nosonogo:20171127182241j:image

結局のところ、そばといおうがラーメンといおうがうまければどっちでもいい。

そもそも中華そばとラーメンは同じで、明治初期のころは「南京そば」といい、明治中期頃「支那そば」や「柳麺」や「老麺」といわれ、戦後「支那そば」が「中華そば」に変化したらしい。

「ラーメン」という言葉は論争があるようだが「柳麺」「老麺」「らあめん」からきていて、ラーメンとカタカナになったのは昭和33年の「チキンラーメン」発売後からだ。

そんなことより、「エースのジョー」の海老そばはどうだったのか?

おいしかったですよ。

海老の風味がもう少し出てもよさそうだが、ほんのり香りスープとマッチしている。麺も私好みの細さと形状でかたさもちょうどいい。チャーシューの焦げも香ばしくて美味い。ここ旭川では海老のラーメンはこのお店だけではないでしょうか?ほかにも若干あるようだが、海老をメインにしているのはここだけでしょう。

ラーメンの味とは関係ないが、店内のレトロな映画のポスターもいい。ここに移転する前の店舗では、ブルース・リーの映画が音なしで流されていた記憶がある。

もし、村上春樹がこのラーメン屋にきたら。

海老そばだというのにラーメンだったという事実について僕は何も興味を持っていないし何かを言う権利もない。エレベーターの回数表示を眺めるように、ただ何かを見ているだけだ。

頼んだ海老そば(みそ)を待てばいい。その間、君が何をしようと自由だ。少なくとも、何もしない時間がそこに存在している。好むと好まざるとにかかわらず。

ただ一つだけ確実に言えることがある。

完璧なラーメンは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。

ということで、本日も足元の悪い中このブログにおこし頂いたにも関わらず、何を書いているのかわけがわからくなりました。どうもすいません。