短い日記

オッサンの短い日記です。

スポンサーリンク

白鵬VS貴乃花親方

白鵬もおかしなことになってきたぞ。

ご存じのとおり、貴乃花巡業部長では冬巡業に参加できないなどとまたバカな発言をしたのだ。
これは今後、白鵬VS貴乃花親方になるのかな。

ということで、相撲ファンではありませんが、国技ということで、この国を預かる私としても黙ってはいられません。

一言でいうなら、白鵬は何様のつもりだ!といいたい。
この問題は、日馬富士の引退だけではすまない成り行きになってきた。というかとっくになっている。

日馬富士の暴行発覚から現在まで続く一連の騒動についてと、これからの流れについて、相撲協会の対応について詳しく解説しようと思いましたが、捜査中ということで控えさせていただきます。

いや、詳しく解説しろというならできるんですよ。含蓄のある深い話が。でも、今回も控えさせていただきます。

まあ、横綱と言えば、相撲界の覇者ですからね。
覇者といえば、世紀末覇王で歴史上の人物となった北斗の拳のラオウを思い出しますね。

ラオウは最期に、

「我が生涯に 一片の悔いなし!!!」

と拳を突き上げ天にめされました。忘れられない伝説のシーンです。

f:id:oji3nosonogo:20171130182721p:plain

日馬富士は、まさかこのようなことになるとは思っていなかったのだろう。親方になる夢もすべて消えてしまった。

日馬富士のは、拳を突き上げ

「我が人生、いっぺんに台無し!!!」といっただろうか。

もし、言ったのなら、白鵬も同じ言葉をいう日が来るかもしれない。