短い日記

オッサンの短い日記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

スッキリ見ながら書いてます。卒業式は泣ける。

春分の日。今テレビで卒業式で絢香がサプライズで登場していた。

特にサプライズはなくても、やっぱり卒業式って泣けるね。

泣けるといっても、何十年も前の自分の卒業式はどうだったのかあんまり覚えてない。だけど、子供の卒業式は幼稚園から全部覚えている。全部感動で号泣した。

自分ことのように、まるで自分が卒業したかのように寂しい気持ちになった。

自分の卒業式を子供の卒業式を通して思い出したのかもしれない。卒業ってこんな寂しいようなせつないような気持になるということを直撃で心に感じるのだ。

友達と離れ離れになること。暖かい春の日差しがやけに寂しいこと。

好きだと言えずに片思いのまま卒業する子もいただろう。仲直りできずに卒業する子もいたかもしれない。

卒業式の日の黒板。親たちの姿。最後のホームルームの先生の言葉。別れの時って、いろんな心もようがあって、名残惜しく、笑うと悲しくて、なんか最後の日って泣けるね。

また、在校生だったときは、誰もいない3年生の教室とか、そういう情景に息子も何かを寂しさを感じたかもしれないと思うと胸が熱くなるんだよね。なんか、そうやって成長していくんだな~と思ったりした。

なんでもそうだが、子供を持つと自分のことより子供のことなのだ。

卒業式もそうだけど、例えば部活や合唱コンクールだって、自分がやっているときはあんなに感動しなかったけど、子供が一生懸命やっている姿を見ると泣けるし感動する。自分のことじゃ泣かないのに、子供のことだと泣けてくる。

卒業シーズンになると、卒業ってやはり大きなことなんだな~と思うオッサンでした。

そんな息子もハタチの大学生です。

昨日、突然帰省してきて、こっちの友達と遊びに出かけ、今朝5時過ぎに帰ってきて、今爆睡中。

short.hatenadiary.jp

short.hatenadiary.jp