短い日記

オッサンの短い日記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

イチローのニュースに心が揺れた、GW後半。

GW後半は遠出することもなく、後半初日は仕事。連休の谷間の2日間では追いつかなかった仕事を残すわけにはいかない。少しでも、不確定要素を減らすため準備をしないと落ちつかない。不安で休みを過ごすより、仕事している方が全然イイ。GWの1日を犠牲にした感じはない。ベストの選択だ。

で、夜は、嫁と居酒屋デート。舞茸の天ぷらが、絶品の美味さ。(詳細省略)

嫁はこのトシでもかわいいと思うので、こういうひと時は幸せである。

後半2日目に飛び込んできたのは、イチローのマリナーズ会長付特別補佐になったという事実上の引退報道であった。

いつかは来る日だが、これだけ異例の待遇もイチローの偉大さだな~と思った。

考えてみれば、イチローや大谷翔平という球界の宝をリアルタイムで見れる我々はどんんだけラッキーで幸せなことかと思いますね。

とにかく、GW残り3日はなるべく仕事を忘れていたい。しかし、天気もイマイチ。嫁とよく行く公園に桜を見に行くも、雨がポツポツ降ってきた。

f:id:oji3nosonogo:20180505085159j:image

それにしても桜の木とか、樹木はスゴイね。

秋冬には花もなく、生きてるのかさえ分からない感じだが、雪がとけて春になって花が満開に咲く。

人間とは違うな。

冬の樹木は、風呂上がりの婆さんみたいな感じで老け込んで見えるが、春になると地中から水を吸収し花を咲かせる。

 人間はそうはいかない。

婆さんがいくら水を飲んでも、肌がピチピチ、おっぱいもプルンプルンにはならないのもんね。

まあ、そんなことはいいとして、ここに来たもう一つの目的は「魯山人の宇宙」という北大路魯山人の展示をみること。

f:id:oji3nosonogo:20180505085226j:image

陶器に興味があるのは嫁の方で、私は絵画が好きだ。

魯山人の展示の9割は陶器だが、絵画もすばらしい。行ってよかった。

美術館は年に2・3回、いろんな展示を見に行きます。

そんなの見て、面白いか?と誰にも言われらことはありません。誰にも言ったことがないからね。

そして、夜は約30年の付き合いである仲間6人と飲む。年に1・2回やってる飲み会だ。

f:id:oji3nosonogo:20180505085252j:image

みんな年取っているが、ホント楽しいひと時で、いいGW後半2日目でした。

f:id:oji3nosonogo:20180505085444j:image

前菜からなまら美味い。接客も笑顔で感じがいい。

f:id:oji3nosonogo:20180505085308j:image

この合鴨料理が絶品。他も、全部素晴らしい。食い過ぎた。

割り勘で、ひとり1万円超え。マジか!?

GWも残り2日。もうただの土日でしかない。

残りは読書とビールだね。あと、散歩。

この本、なまら面白い。あと3分の2残っているが、残り2日で読めるだろう。

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)