短い日記

オッサンの短い日記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

日大のグダグダ会見

日大の内田前監督と井上コーチの会見を見たが、結局保身のために行っただけだね。

言葉足らずだったとか、誤解を招いた的な説明で、メンゴメンゴという謝罪形式は、自分に責任があり、反省してるふうだが、実は言ってることは、
相手は「こっちの言った言葉を理解できてない」、「勝手に誤解した」という形で、悪いのは私ではない、聞いた側が予想もしない誤解をしたんだと遠回しに言ってる感じ。

大体あの井上コーチの落ち着きのない様子はなんだ。目が怯えている。
内田前監督の言い訳がおかしなことにならないように、ボロが出ないように話をしていたように見える。

本当に一点の曇りも なく、真実を話したといえるのだろうか?

とてもそうは思えない。

内田前監督との上下関係をそのまま持ち込んだ会見で、宮川選手は勝手に言葉を誤解し、勝手にやった反則だった言ってるのと同じ。
結局、一番弱い立場の人間に責任を押し付ける、極めて醜い会見であった。

そしてあの突っ込みどころ満載の司会者。
まさに、恥の上塗り。
自ら開いた緊急会見を、もうイヤになったから打ち切ろうとしたのか?
記者がみんな見てますよといえば、司会者は見なくてもいいみたいなこと言うし、あのやり取りは、失笑もんだった。

まさに不誠実で、責任回避、限界にきている言い訳という、いま日本 で一番注目の会見が、一番グダグダの最低の会見だったという墓穴の掘り方は、すぐれた土木技術の持ち主でもできない見事なものだった。

そして挙句の果ては、逃げ隠れの王道「入院」という絵にかいたような卑怯者の常套手段に、みんなあきれてます。

ところで、あの司会者は、日大がマスコミ対応のプロってことで雇った共同通信の元・論説委員長らしい。

司会者として記者会見をぶちこわして、もうワヤですね、日大。

とにかく、今後この会見の発言は、いろんな証言や証拠で崩されていくことだろう。

真実はひとつ!