短い日記

オッサンの短い日記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

働きたくないけどお金は欲しい

最近の相談はビジネスの話だけではなく、夫婦間の話も多い。家族のこととか。

知り合いの奥さん、出産後20キロも太ってしまい、夫からデブはムリと言われて、離婚したいと言っていた。

まあ、相談というより、愚痴を聞かされた感じだが、見たところ、あんたは離婚はムリだ。

書類的には名前を書いて印鑑を押せば離婚できるが、向かい合って座っている彼女の手を見たら、薬指の指輪が太ってめり込んで、絶対外せないいんじゃないの、それ。  

まあそんなことはどうでもいいけど、ホントの悩みは、商売がうまくいっていないことだった。資金繰りが苦しい中、社長である夫は見栄っ張りだから、飲み会などは断ることなく、喜んで出かけるし、新しいもの好きで、毎年iPhoneを新しいのに替える。まあ、ハッキリ言って、ダンナさんは、ダメになるタイプだ。人の目を気にしてばかり。なんかカッコよく見られたいのか、カッコよく生きて行きたいのだ。車もそんな高級車、必要あるのか?結局、カッコ悪いことになるよ。まあいいやそんなこと。特に書くこともないので、最近の出来事書いただけ。

最近もう一つ思ったのが、ノーベル医学生理学賞 本庶佑特別教授の受賞のインタビューで、研究は「自分は何を知りたいか」だと言ったのが印象に残った。なんか、芯の強いおっさんという感じ。

「自分は何を知りたいか」を発見し、それを徹底追及する人生って面白いと思いますね。私も常々、人生はいろんな面白いことがあるけど、わかる、学ぶということはそうとう面白いことだと思いますね。

だから、何を知りたいかという軸をしっかり持つと面白いんだよね。本を読むにしても。

そこで、私のような定年まで残り10年を切ったおっさんとしては、いろいろ知りたいことが山積みなんですが、この休みは知り合いのコンサルタントに薦められた分厚い本が届きましたので、読みます。

 

 昨日たまたまこの本を読んで、投資についてさらに知りたくなったところだしね。

 

 ふざけたタイトルの本だと思い、ちょっと前に買ったのを昨日午前中に一気読みした。

タイトルよりは、まじめなお金の話だったが、鵜呑みにできないね。でも、証券マンは信用するなというのは、その理由から納得しました。

あと軽く、仮想通貨についても説明があり、超初心者に向けて、超シンプルにわかりやすく書いてました。

こういうタイトルの本に惹かれるマインドだけど、仕事は好きなんだよ、オレ。早く定年になりたいけど。