短い日記

オッサンの短い日記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

北方領土問題

Q:北方領土問題が解決するでしょうか?

A:知らん!

ということで、先週土曜日は札幌の大学に通っている息子と再会。嫁と息子と妹と姪っ子4人で嵐のコンサート。年に一度の嫁の楽しみ。朝早く車で旭川を出発し、コンサートの前、嵐のグッズ販売につき合わされる。札幌ドーム周辺は、民族大移動状態。風が冷たく寒くて死にそうだった。

f:id:oji3nosonogo:20181119101010j:image

ちょうど1年前も同じように嵐のコンサートで札幌に来た。昨年は同日、息子が住むマンションの近くで矢沢永吉のコンサートもあった。マンションの前は、たくさんの白いスーツのおっさんたちが歩いていたのを思い出した。

思い出したといえば、昨年はもう雪が降っていた。

先週、歴史的に遅い初雪が降ったとニュースになったが、全く雪は積もっていなく、雪が大嫌いな私は、このまま雪が降らなければいいと絶望的な希望を持ってます。

雪は、1ミリもいらないね。雪は死ぬほど大嫌い。この世から、雪がなくなればいいとマジで思っている数少ない日本人です。初雪のニュースでは、やっと降ってくれたみたいなバカなこと言うニュースキャスターがいた。ばかやろう!

まあ、それにしても嵐の人気はすごいね。地下鉄、駅、嵐のグッズをもった人がこんな歩いているとは、何十万個売れたんだろうね。

ドーム入り口やあちらこちらで、「チケットゆずってください」と紙に書いてこの寒空の中立っている女の子が何人もいた。

ゆずってくれる人なんているのだろうか?

ファンって、すごいなと改めて思った。哀れに見えたけど。

私は、コンサートには行かず、一人でJRで旭川に戻ったが、息子と姪っ子、嫁と妹4人で今年も楽しんだようで、よかったです。

 

私は帰りのJR指定席でこの本を読みながら、うたた寝しながらゆっくり帰ろうとしたが、知り合いのお姉さんが偶然に隣の席になり、ずっとしゃべりっぱない。そのあと風が冷たい旭川で焼とり食って帰った。話の内容はセンシティブな内容が含まれていませんが省略。

いろんな本を併読する派ですが、この本、まだ半分しか読んでないが読み終わるまでこれだけで行きます。いや別にそんなこと報告する必要ないんですが。

ということで、タイトルとは関係のない話ばかりでした。いや、北方領土問題について、含蓄のある事書けと言われれば書けますけど。