短かい雑記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

ラーメン蜂屋 旭川本店

先週の例会の後半はなんとなく白熱した議論があった。

なんとなく白熱って、白熱してるのか?

例会も年末の緊急なものだった。緊急な例会って例会なのか?

まいいや、そんなこと。

旭川の老舗ラーメン店といえば、「蜂屋」だね。

ラーメン蜂屋は、3条本店と5条創業店の2店舗展開です。

1999年から10年間、新横浜ラーメン博物館に出店をしていたこともあった。

もともと「ラーメン」というしょうゆのメニューしかなく、油が濃いめか普通かという、いかにも老舗のシンプルなものだった。だいぶ前からみそ・しおも加わり、メニューが増えている。多分、ラーメン博物館の出店などでコンサルタントでも入ったんだろうと思うが、真実は知らない。ここ蜂屋ではしょうゆ以外は全く食べてみようと思わない。しょうゆのみだ。

f:id:oji3nosonogo:20181210103349j:image

この独特のスープが、多く人を引き付け、または遠ざけた。

私自身は結構なリピーターである。

蜂屋はここ3条本店と5条の創業店とでは若干何かが違うのだ。何度繰り返し食べてみても、3条本店の方がうまい。もちろん個人的意見だから、反論は認めません。

f:id:oji3nosonogo:20181210103403j:image

表面の色はしょうゆの茶色ではなく、こがしラード(濃いめ)の色である。スープ自体はこれがしょうゆかと思うくらいの薄い色なのだ。

旭川にはたくさんのおいしいラーメン屋さんがあるので、毎週土日のどっちかの昼は、どこかのラーメン店に行ってます。仕事で土日がつぶれる場合は行けませんが、ほぼ毎週食べてますね、ラーメン。

夏も冬も関係なく毎週ラーメンは決まりごとのように食べ歩いてます。

まあ、そのたびブログに書けばいいのだが、めんどくさくて書いてません。

f:id:oji3nosonogo:20181210103418j:image

ここ旭川は冬も本気を出してきたので、温かいラーメンはいかかですか?って、別に旭川ラーメンの関係者じゃので、どうでもいいです。