短かい日記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

髪の毛グシャグシャ

先日、ビールを飲みながらyoutubeを見ていた。

たまに泣けるときがある。

「キセキ」を聴くと息子の少年野球を思い出して泣いたり、アンジェラ・アキの「手紙~拝啓 十五の君へ~」聴いて、息子も悩んだりしただろうと泣けたりね。

パソコンを開き、手元の新聞には高校の卒業式の記事が載ってた。

なぜか「3行ラブレター」を思い出し、youtubeで検索して見た。

泣けたね。崩壊しそうになった。

恋っていいね。

なに言ってんだこのおっさんと思うが、息子もどんな恋や失恋をしたのかな~と思ったり、若いっていいな~って思うと泣けたわ、「3行ラブレター」。

 

そして、自分の中学時代を思い出した。

学習塾のアルバイト講師の女子大学生を思い出したのだ。

塾といっても生徒6・7人の昔の小さな塾。

中学生から見ると女子大生はお姉さんというより、大人だった。

あこがれた。

背も高くて、見てるだけでよかった。

真剣な顔が素敵だし、笑った顔も。

ある日、なぜか自分だけ居残りで短い時間授業を受けたことがあった。

机を挟み向かいに座る彼女。

テキストをなぞる細く長いきれいな指。

やっと解けた練習問題。

「できたね。」

彼女は笑いながらその両手で、僕の髪の毛をグシャグシャにした。

細めた目のやさしさが忘れられない。

あれほど心ときめいた瞬間はなかった。完全に好きになった。

しばらくして夏が終わる頃、

今日を最後に講師のアルバイトを辞めると知った。その日突然知った。

事前に知っている人も何人かいた。

なぜか僕は知らなかったのだ。

えっ?今日で辞めるの!?

ショックだった。

そして最後の授業が終わり、放心状態で僕だけ席から立てない。

教室を出て玄関でみんなとサヨナラする彼女。

最後に教室からでてきた僕。

「S君、これからもがんばってね」と彼女。

「今日で辞めるって知らなかった」と僕

そのときどんな顔していただろう。

怒ったような顔をしていたかもしれない。

いや、泣きそうな顔だったのかもしれない。

彼女は自分より背の低い僕に何も言わず近づき、あの時のように両手で髪の毛をグシャグシャにして微笑んだ。

なんで最後にそんなことを。

1回目はあんなにうれしかったのに、2回目の今は泣きたいくらい悲しい、髪の毛グシャグシャ。

髪の毛より、心のほうがグシャグシャになりそうだったので、何も言えず、そのまま逃げるように走って塾をあとにしてしまった。

帰り道、なんでこんな最後、なんでこれが最後なんだと涙が止まらなかったのを思い出す。

 

妻が息子にライン。

「また父さん、ユーチューブ見ながら泣いてるわ(笑)」