短い雑記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

牛丼チェーン「すき家」のアルバイト

予定外の自宅の修繕に82万円もかかってしまい、貧血でもないのにめまいがする1月がもう終わろうとしております。

昨年のように元旦早々車をぶつけるようなアクシデントはありませんでしたが、第3週目はインフルエンザで1週間活動休止、その後家の修繕で82万円の請求が届く。今年も1月はけっこうな踏んだり蹴ったり。

予防のためにマスクをしていたのにインフルエンザになったという人も多いと思うが、マスクは予防については効果がないらしい。ネットで見た。オレもマスクして用心していたが、簡単に感染した。

新年会も昨日で最終となり、やっと少し気が楽になったけど、2月・3月は働き方改革なんて一切関係のない、長時間プレッシャー労働の2か月になる。この2か月さえ終われば、死ぬほど嫌いな冬もなんとか終わる。

それにしても、いきなりの82万円は痛かった。82万円あったらなんぼ美味いもん食えるか。頭にきて、すぐ振り込んだけどね。

いつまでも払わないとならないカネが心に引っかかっるのが嫌なので、払うものはすぐ払う。カネ払いはめっちゃイイと自分でも思う。ローンも嫌い。

さっさと払って、忘れるのが一番。

人間は忘れる動物だから、大体のことは忘れるものだが、ネットに残したものはそう簡単に消えないようだ。

牛丼チェーン「すき家」で、バカな動画を撮影・投稿した3人の学生の個人情報を特定するネット住民がゴマンといて、あっという間に顔や学校名などの個人情報がさらされるようだ。

くだらない承認欲求を満たす代償は計り知れないものだと知ってもらうしかないな。

スッキリの加藤浩次が知らん顔して黙殺した方がいいといっていたが、悪ふざけの代償の大きさを思い知らせることが必要だ。

若気の至りではすまない。もしかしたら、就職などに影響する可能性もある。こんなことした張本人だと企業の人事課にわかって内定取り消しとかね。「すき家」から損害賠償の請求も来るかもしれんね。クビでは済まない、重大なリスクを背負うということを思い知らせないと、次から次へと馬鹿が出てくることになる。

若者の目立ちたい気持ちはわかるが、そんな動画投稿しても、不快なだけで、なんも面白くないしかっこよくもない。親泣かせるようなことするなよ。少なくても、女にはモテないぞ。俺の同僚のデブハゲの50男と同じくらいモテないぞ。