短い雑記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

陸別、氷点下31.8度。こんな朝に。

よりによって、今年一番寒い日に、我が家のストーブが故障。

地元新聞の一面には「全道凍結」という見出し。

そんな日の朝、起きてみるとタイマーでついているはずのストーブに火がついていない。エラー表示が出ている。完全に消えている。部屋は不完全燃焼のいやなニオイが立ち込めていた。

マジか?

死ねってか?

今日は一番寒いんだぞ!

気が付いたのが朝の5時。

地元の代理店が開くのが9時。それも土曜日なので、営業しているかどうか。

悶々としながら、開店時間に電話するも案の定、休み。

手当たり次第業者に連絡するも、「そのエラーはメーカーでないとどうのこうの・・・」

そしてやっと1件「何とかなるかもしれないので、午後になりますが伺います」との返事。電話口ではちょっと頼りない高齢者っぽい感じだったので、大丈夫かこの人?って思ったが、この人に賭けるしかない。

それにしても、今週は猛吹雪のホワイトアウトに、記録的な寒波、毎日難しい人間関係と交渉の連続。寝てもさめても仕事のことで頭がいっぱいの上、親の介護問題。とどめに一番寒い日に暖房の故障。

もし、うつ病だったら自殺してるわ。

f:id:oji3nosonogo:20190209174309j:image

「ピンポーン!」

ドアを開けると眼鏡をかけた男が両手に工具を抱え立っていた。思っていたより若い。若いと言っても同年代。だったら、ジジイだろ!って、うるせえよ!

結果、来てくれた甲斐あって、無事復旧した。

結果にコミットする修理屋さんだった。

ホントこういう時は感謝の気持ちでいっぱいになりますね。

凍えた両手に息を吹きかけて、しばれた体をあたためて、生きることがつらいとか、苦しだとかいうまえに、ストーブがなおったので、暖かい部屋で今日もビールを飲もう。

もし今も壊れたままなら、肉体よりも心が凍死してただろう。

同じ北海道でも、ここは陸別町でなくてよかった。でも、ここも朝はマイナス20度以下だったよ。

3連休の初日終了。修理屋さんに感謝!感謝!