短い雑記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

とにかく詳しいことがわからない。

新元号が「令和」になってSNS界隈のみならず大盛り上がりだったようです。新年のあけおめよりすごかったと聞いて、やはりなんか国がひとつになり、国民が注目した1日だったのは間違いない。まあ、こういう盛り上がりがあると必ず「そんなに騒ぐことか?」って偏屈があっちこっちにいるけどね。

書店では万葉集ブームになりそうだし、その他いろんなところで経済効果もあるだろう。

やはり日本人には元号があった方がいい。賞状とか卒業証書も元号でないとしっくりこない。

新元号が決まって1日たったわけだが、もう私は「令和」になじんでおります。

4月1日は新元号が決まり、その日は世間では入社式。大手、中小を問わず企業の入社式でした。

私の甥っ子も東京のある有名企業に入社し、新社会人になる。そういう日でした。私も、甥っ子が今日から社会人か~と感慨深くこの日を迎えたわけです。

甥っ子は私の息子より一つ上。同じ大学で、生まれた時から兄弟のようなもの。

しかし、なんと、信じられない事態になった。

3月31日、入社式のため東京へ。

4月1日、東京本社で入社式。

ところが、あろうことか入社式に出ないで会社辞めたとのと。

甥っ子の母親から大泣きで妻の携帯に電話があったそうだ。

ちょうど就職祝いのお返しが家に届いていた。(不在連絡票でわかった)

それを聞いた私も、まさに「青天の霹靂」、略して「せいへき」など言ってる場合ではない。

大変ショックを受けた。

エイプリルフールの冗談ではないのかと聞いたが、そうではないようだ。

どうしたんだ?甥っ子。

何があったんだ!?

どどうするんだ、おまえ。

とにかく詳しいことがわからない。こりゃ親、寝込むわ。