短い雑記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

旭川 「みづの」生姜ラーメンで連休終了

10連休最終日は、私のよく行く公園でまったり。

北海道旭川市、現在桜が満開です。

f:id:oji3nosonogo:20190506164128j:image

息子も昨日札幌に戻ったし、妻は今日から仕事。

公園を散歩し、桜の写真をスマホで何枚も撮りながら歩いていると、ここで3人で花見をしてもよかったな~と思った。いつのも休日より人が多い。中年の夫婦、子供連れの若い夫婦、友達同士など。お年寄りの方も多くいたが、働き世代の人たちは、私と同じで今日で連休が終わり、明日から仕事なのだろう。

長い連休だったが、予想通りあっという間という感じで早くも終わる。でも一方で、やっと日常に戻れるという気もする。朝起きて仕事に行って、めんどくさい思いをしてやることやって、追いつかない気持ちを抱えあっという間に一週間が終わる日常。そんな面白くない日常がどうせ来るなら早くこいという感じだ。

カラスがベンチの近くを歩いていた。どこかのオッサンみたいな声を何度も繰り返して出している。いいな、明日も休みで。カラスに仕事も休みもないか。じゃ、何があるんだ?カラスの人生。

曇り空だったので、持ってきた本を読む。

この公園で本を読むのが好きだが、夏の晴天では、本の白い紙がまぶしく反射して読みずらいので、木陰に行くが、今日は気になる日差しもなく、気温も丁度よく、穏やかな風も少し吹いている。その中で本を読むと、眠くなるだけだった。

令和最初のラーメンは、公園近くの旭川の人気店、「みづの」の生姜ラーメンにした。連休中は毎年行列になる店のひとつだ。

f:id:oji3nosonogo:20190506164157j:image

この生姜ラーメンの美味さは別格だ。

最近は生姜ラーメンを出す店もあるが、どの店も足元にも及ばない。

生姜ラーメンを食べるならここだ。

さてこれからまた、音楽をかけながら本でも読んでうたたでも寝するか。

ひとりの休日も悪くない。というより好きだ。休みの日まで他人と時間を合わせたり、約束したりするのが鬱陶しい派だ。

明日から仕事だという憂鬱な気持ちも楽しみな気持ちも特別起きない、このままの気分で今日一日を終わりたい。最後はビールだ。