短い雑記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

中日ドラゴンズ応援歌の「お前」がダメだという話

まあ、なんか知らんけど、そんな悪気のないことをいちいちグダグダいうと、野球人気にも影響するよ。野球の応援歌でしょ。ナニめんどくさいこと言ってるのという感じ。

問題の応援歌は、2014年シーズンから歌われている、ピンクレディーの「サウスポー」。
「スーパースターのお出ましに ベンチのサインは敬遠だけど 逃げはいやだわ」という歌詞を
「みなぎる闘志を奮い立て お前が打たなきゃ誰が打つ 今 勝利を掴め」って変えている。

べつにいいじゃん。自粛したり目くじら立てる問題じゃない。

中日だけじゃなく、わが日本ハムファイターズも「ジンギスカン」で「お前が決めてくれ~」だったかな?違うかもしれんけど、応援歌に「お前」を使っている。教育に悪いとか考えたこともなかったよ。

なんでもかんでも教育上不適切だとかそんなこと言っては面白くないよ。

この世を無菌室にでもする気なのかね。

「おまえ」って、悪意じゃなく近い距離間でフランクなイメージで考えればいいんだよ。

「おまえ」がダメなら、フランク永井がびっくりするよ。そばにいてくれるだけでいいのにな。何言ってるかわかんねえだろ。

改めて考えるとフランク永井っておかしな名前だ。「カタカナ+苗字「」って結構昔から使われている。

昭和にはフランキー堺とかジェリー藤尾、トニー谷、ゼンジー北京なんてのもいた。もっともっとめちゃくちゃいる。

プロレスは多いね。

ジャイアント馬場、アントニオ猪木、ジャンボ鶴田、ラッシャー木村、デビル雅美にジャガー横田。グレート小鹿というのもいた。グレートなのに小鹿かよ。

てことで、何の話しだ?

でも、ラッシャー木村は最高だ。プロレス界の功労者だよ。