短い雑記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

なつ(広瀬すず)はイッキュウと破局するのか?

暑い夏はホント、ビール美味い。なまら美味い。お疲れ様です。

北海道民の私からすれば、この短い夏、暑いなんて文句言ってんじゃねえ!あっという間に終わるよ。北海道なんてすぐに地獄の冬だ。白い地獄。

この暑い夏がハワイのようにずっと続いても私は1ミリも問題ない。冬より100倍イイ!ビールも美味いし。

寒い冬にビールがこれほど美味いか?夏より美味いわけねえだろ!って、べつにそんなことで取り乱す必要はないのだが。

ってことで、夏が好きな私は当然「なつぞら」という題名だけで好感度高いね。

NHKの朝ドラは今まで見たことなかった。どんなに話題になっていても見ることはなかったが、「なつぞら」は見てる。広瀬すずがいい。なんか文句あるか?

このドラマでの髪型が気に入ってるんです、おじさんは。

今日はイッキュウとのシーンで、なつ(広瀬すず)は結構な長台詞を難なくいうね。さすがだね。

で、このまま二人は破局となるのか?おしさんは心配だ。いつか二人でお酒を飲みましょうなんてなるのだろうか。梓みちよです。

まあ、多分破局にはならないと思うけどね。

なつのモデルはご承知のとおり、奥山玲子というアニメーター・銅版画家として活躍した人物。

手塚治虫の日本初のテレビアニメ「鉄腕アトム」が昭和38年にフジテレビで放送開始されたその年の7月7日、奥山玲子は後輩の小田部羊一と結婚する。できちゃった結婚。

なのでこのまま破局はないと思う。さすがにNHKで「できちゃた婚」ではないと思うが、イッキュウとなつは結婚するだろう。と思うが、しなくても文句は言えない。

それを決める会議に私は出てないので。

それにしても「二人でお酒を」っていい曲だな~。このサビへのもって行き方。昭和っぽくてイイ。そりゃ昭和の歌だから当然だが、いいね。

「それでもたまに、寂しくなったら、二人でお酒を飲みましょうね」とか「どちらか急に、寂しくなったら、二人でお酒を飲みましょうね」って、こういう関係も、それはそれでいい、悪くはない関係だ。

歌詞は、短い小説だね。