短い雑記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

本気で忘れるくらいなら、泣けるほど愛したりしない

世の中にはわけの分からん人がいて困ったもんだ。

昨日は私が仕切る会議があったのだが、わけのわからんオッサンがいてまいったね。

「悪い、悪い、遅くなって」

会議が始まり10分ほどして、そのオッサンが会場に入ってきた。

私は一瞬、「なに!?」っと思ったら、

「欠席で出してたんだけど、遅れてすまん!」って、

欠席で返事出してるんなら来るなアホ! 何で来るんだ!?

ハッキリ言って、もともとこのオッサン札付きのアホで、会議でもわけのわからんこと言ったっり、いくら説明しても理解しない、クルクルパーなんで、欠席の返事か来たときはなんと嬉しかったことか。ああ今日も仕事か~と目覚めた朝が、休みだと気づいたときぐらいの嬉しさだった。

それが、「欠席で出してたんだけど、遅れてすまん!」だと~!

最高に頭に来たね。休みだと思って目覚めた朝が月曜日だったくらいの感じだ。

わけがわからんにもほどがある。

わざとなのか天然なのか、いまいちハッキリしないのだこのオッサン。わざと話を混ぜっ返すのか、ホントのクルクルパーなのか、付き合いの長い人にもよくわからん人だという。

まあ、昨日の会議はその後何も言わず、すんなり終わったからよかったが。

もう、わけのわからんヤツ、大嫌い。

わけわからんと言えば、チョコラBBのCM!

「娘の肌荒れを、母の口内炎が心配している」

「母の口内炎を、娘の肌荒れが心配している」

おまえら、バカか?

誰が考えたんだこのコピー。

これを決める会議に出たかったわ。

あのオッサンのように、「悪い悪い、呼ばれてもいないのに遅れてすまん!」とかいって。

あのオッサン、N西さんていうんだ。

そういえば、N西さんといえば「最後の雨」という名曲のあのサビの部分が、なんか、わかるようなわからんような。

いや、日本を代表する名曲で、多くの人が聞いて泣き、歌いながら泣きそうになる名曲で、それは一切異論はないですが、

「本気で忘れるくらいなら、泣けるほど愛したりしない~」って、

ちょっと何言ってるかわからない。