短い雑記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

カレーの味なんか全く分からんかったわ!

昨日のラグビーは仕事のためリアルタイムで見ることができなかった。

録画をしておいたのを10時過ぎに帰宅し見た。

ちょうど試合は車で帰る片道2時間半の時にやっていた。5人でとある会合に行ったわけだが、帰宅までの間、情報を遮断し、ラグビーの結果を全く知らない状態で録画した南アフリカ戦を見るために苦労した。会合で議員のあいさつでも、「今日は日本対南アフリカの試合があり、私も気になってしょうがない」というような、こんなところでラグビーの話をするくらい日本中が盛り上がっているんだなと思ったが、なんでこの日にこの会合があるのかを恨んだ。

家につく前に妻にラインし、結果が分からないようテレビを消しておいてくれと頼んだ。

もし家についたとき、テレビから結果が分かる言葉や映像が1秒でもあったら、ここまで情報を遮断していたことが水の泡になる。

考えたら、テレビをつけた途端、ニュースか何かでいきなり結果が分かる映像が出てくるかもしれない。でも、テレビをつけないことには見れないのだから、運を天に任せスイッチオン!

ウエールズのシーンが一瞬出たので、あわてて録画を選択する画面に切り替えたが、あわてるとそんな簡単な操作さえ、グダグダになるもんだ。

で何とか無事、全く結果のわからないまま録画を見た。

でも、やっぱり、今こうして見てるけど、結果がすでに出てるんだと思うと、なんか違和感はある。私一人だけこの世から遅れている感じがした。事実そうだし。

前半5-3で行ったときは、これはいける!と思ったけど残念でした。

それにしてもこの日の昼、5人で入ったレストランが、異常に暑くて、ここはビニールハウスか?ここだけ真夏か?というくらいの店内が暑い。

時間も押していたのですぐ出てきそうなものということで全員カレーにした。カレーは全部スパイシーカレーで、私はハンバーグカレーにした。3口ぐらい食べたところで、もう汗だく。薄い髪の毛をなんとかふんわり整えてきたのだが、このクソ迷惑な暑さと、熱いスパイシーカレーで、滝のように流れる汗。髪の毛も完全にペターとへったてしまって、クルクルになって、なんともみっともないヘヤースタイル。もう完全に修復不可能。でもこの先の日程をこなさなければいけない。その時の絶望的な気持ちがあなたにわかりますか?川に落っこちたようなヘヤースタイルで大勢の会合に行くってことが、どんだけへこんだ気持ちになるのか、この店の店長、あなたはわかりますか?なんでこの店こんなに暑いんですか?

怒りと絶望と暑さで、カレーの味なんか全く分からんかったわ。

f:id:oji3nosonogo:20191021205935j:image