短い雑記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

『パラサイト 半地下の家族』を見たよ

いやあ映画って本当にいいもんですね。

ということで、映画を見に行く前にラーメン。

私のお気に入りのラーメンブログにて紹介されていたラーメンを食べた。

ameblo.jp

旭川のフィール地下で「北海道ラーメン紀行の第48弾 麺屋海猫」の札幌みそラーメンを食べた。

f:id:oji3nosonogo:20200215133230j:image

今年食べたみそラーメンの中では一番美味かったね。

見た目からいい!

北海道ラーメン紀行は昨年「すみれ三銃士」のひとつ「狼スープ」以来の訪問だが、この「麵屋海猫」のみそラーメンの方が美味しかった。

たるビート氏の旭川ラーメン情報は間違いないね。詳しくはそちらを見てもらった方がいい。

ということで、今年のアカデミー賞作品を見たよ。

私もよく映画を見るんですが、ブログで映画について書くことはあまりないですね、特に理由はありませんが。

そうか、書くことがない時は、映画のこと書けばいいんだ。暇なときは週に1・2本は見るからね。

で、この「パラサイト 半地下の家族」は面白かった。

f:id:oji3nosonogo:20200215095017j:image

いつも映画を見に行くときは、大きな期待を持たないで見に行く。

人生、大きな期待は失敗のもと。

ソウルでは本当に半地下が存在する。北との戦争が起きた時のために防空壕だ。実際に半地下生活があるのだ。

ポン・ジュノ監督はもともと娯楽性と社会風刺が巧みなんだが、それより何よりわかりやすくて面白い。映像もきれいで、役者もぴったりハマっていた。

人間社会の深いところを描きながらも、どこかコメディタッチでスリルもある。

作品がもっている魅力と訴える力がある、わかりやすい作品だと思う。ツッコミどころは満載だが。

ポン・ジュノ監督は今村昌平監督の「復讐するは我にあり」のファンだったとのことで、なるほどね、それぞれ人生はただ事ではないことが描かれてた。

でもいつもこの映画館に来るたび思うけど、座席の首の位置がどうも自分に合わない。肩がこる。

とにかく映画は、大きな期待を持たないで見に行こう。