短い雑記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

ドキュメント宇宙飛行士選抜試験 何があっても折れない心

今回のゴールデンウイークは、私の場合5月2日から今日までの9連休でした。

明日から仕事って、急に荒波の大航海に出るような気分になっております。海賊王にオレはなる!という前向きな気持ちもありませんが。

いまさら、何になろうとか、あんなふうになりたい的なあこがれる気持ちなんてないしね。

ただ毎日、おだやかに機嫌よく生きていければいいのだ。

やりたいことを見つけるとか探すとか、そういう努力をする気はないけど、何の役にも立たないけど、何かを学ぶのは楽しいね。知らないことを知る。

へ~そうなんだと思うことが楽しい。

ちょっと前から宇宙にハマっていて、この連休いい本を読んだ。

宇宙飛行士になりたいわけではないが、久々にワクワクしながら読んだ。

臨場感のある内容で、熾烈を極めるドキュメンタリー。

f:id:oji3nosonogo:20200510130928j:image

どんなに苦しい局面でも決してあきらめず、他人を思いやり、その言葉と行動で人を動かす力があるか。その「人間力」を徹底的に調べ上げる試験が宇宙飛行士選抜試験だ。

映画にもなったアポロ13号の奇跡が起きたのは、どんな絶望的な状況でもあきらめない”折れない心”を持つ宇宙飛行士の人間力があったからなのだ。

宇宙ステーションは騒音、悪臭だけでも常人では耐えられないストレスとのこと。風呂やシャワーもない生活を何ヶ月も今で言う3密の状態で過ごし、極限の作業に明け暮れるのだ。

相当臭い空間らしいよ。鼻が曲がってポロっともげて、どこ行った俺の鼻~?無重力で浮いてる〜!

とにかく息子に読ませたい本、第一位になりました。私のランキングですが。

ということで、連休が終わり、明日から仕事か~。

折れない心をください。

折れない心とは鋼鉄の強さなのか、折れないゴムのような柔軟な心なのか。

私はゴムがいいと思う。ルフィのように。

あっ、あとねこのコロナの影響で就活が一変し大変になると思うので、ぜひこの一冊を就活生におススメします。絶対に役に立つと思います。