短い雑記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

夏の甲子園、仲間との最後の夏がコロナに奪われた

球児たちもある程度覚悟していたと思うが、正式に中止が決まるとつらいな。この気持ちは当事者にしか分かり得ないだろう。

ホント、かける言葉もない。

高校球児は3年間の夢というより、子供頃からの夢だったろうし、そしてめぐり会えた仲間との最後の夏だったのにと思うと、涙が出るね。

もちろん野球だけではないし、他の競技も同じ思いだ。そして、応援団や吹奏楽部とかもみんな無念の思いだろう。

もちろんいままで支えてきた親御さんの気持ちも相当つらいものがあるね。

今年のラストミーティングは今までにない締めくくりの場になるのだね。

高校野球大好き人間としては、この新型コロナウイルスで高校野球そのものが変わってしまう心配もある。

9月入学の話が決まれば高校野球は、甲子園はいったいどうなってしまうのか?

新型コロナが多くのかけがえのないもの奪った。

そして世の中が変わる。

人生で、甲子園のない夏なんて想像したこともなかった。

夏の甲子園と言えばこの曲だ。

 「オモイダマ」

おじさんは、泣ける。