短い雑記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

【2020年版】老後の生活費としてかかるお金は27万円、貯蓄額1974万円

私の場合、サラリーマン生活はあと2年半ぐらいで辞めます。

定年延長して65歳まで働くなんて、1ミリも考えてません。いや知らんけど。

だって、時間がもったいない。

一刻も早くサラリーマン生活から、オールサンデー生活に移行したいです。

やりたいことが山ほどあるので、その大事な時間をサラリーマンでとられたくありません。でも、お金は必要ですから、稼ぐのはあと2年半で十分です。

あと20年ぐらいで死ぬと思いますが、老後何とか生活できる見込み資産はあります。あくまでも見込みなので、見込み違いもありえます。まだもらってない退職金の金額とかね。

新型コロナの影響で、会社倒産、退職金もぶっ飛ぶなんてことが現実の世の中ですからね。

退職金ゼロなんていったら、夏の甲子園決勝の松山商業VS熊本工業の『奇跡のバックホーム』でアウトになった選手みたいになっちゃうよ。

 

結局、残りの人生は収支計画なんですよね。

いくら入ってきて、いくら出ていくかです。

現実を直視すると、平均寿命まで生きるとして、年金も含めた今後の収入+貯蓄額が老後の支出を賄える計算になるかってことです。

単純な当たり前の計算ですが、目を背けたい現実です。

定年近くなるとそういうことを考えちゃうんですよ。昔は気にもしていなかったけど。

下記の老後のマネーの記事がありますが、私の計算上、少なくてもその倍以上の貯蓄額は必要だと思う。私はそう計算してます。

allabout.co.jp

 まあ、そんなこと考えてもどうにもならないし、精神衛生上よくないから考えないことにしてる50代後半の人も多いと思います。

まあ、人生は先のことなんてわかりませんから、それぞれ好きにしましょう。

好きにするのが一番。

私も好きにしてますけど、何が面白いって、やっぱり知らないことを知るですね。

そのオトモになるのが本ですね。

とにかく読みたい本が無限にあって、それだけでもサラリーマンやってる時間がもったいないくらいに感じます。

あと省略しますけど、いっぱいですわ。

やはり人生は、愛と健康とやることがあればいい。それと2億円。