短い雑記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

「雪の華」でも、雪は嫌いだ!

今日もひどい吹雪だ。

たびたび申しておりますが、私は冬が死ぬほど大嫌いだ。一日も早くこの白い地獄、冬が終わってほしい。

冬は冬でいいことあるよという人もいますが、私は皆無です。いいことなんてただのひとつもありません。ゼロです、ゼロ。ストロングゼロ!

冬になれば、温かいものがおいしいよー!って、おいしいものは、いつだっておいしいのだ。

寒い冬に食べるラーメンは格別にうまい!って、真夏でもうまいラーメンは絶対うまい。年がら年中ラーメンを食べる私は、冬だからうまくなるラーメンなんて見たことがない。まずいラーメンは冬に食ってもまずい。うまいラーメンはいつ食ってもうまい。腹が減っている時が一番うまい。反論は認めない。

冬は朝起きても、暗い。

毎朝6時には起きるのだが、夏なら明るい朝で、朝のにおいがすがすがしい。冬は、まだ夜かというくらい暗い。目覚めた時が暗いだけで、この冬の毒素は計り知れない。人の気持ちを朝からどん底に落とし、玄関を開けたらめまいがするくらい雪が積もっている。この状態を嬉々として喜ぶ馬鹿がいるだろうか?この状態でも、冬は冬でいいことがあるなどとポジティブにとらえられる人間を私は尊敬しない。そんなの人間じゃない。ポジティブ妖怪は嫌いだ。なんでもポジティブで、はつらつとした人間のそのテンションに合わせるのが疲れる。

冬はたびたび交通機関がマヒする。飛行機も飛ばない。空港で足止めになり、一夜をすごすなんてこともある。私はその経験はないが、空港で寝泊まりはたまったもんじゃないだろう。それも寒い冬に。こんなとき、人生で起きることはすべて意味があるのだと、なんかの本に書てあった気がするが、そんなもん見事に無意味で何の役にも立たないと感じるだろう。何もかも、冬が悪い。雪死ね!

そして何といっても怖いのは「ホワイトアウト」だ。

車を運転していて、目の前が吹雪で全面真っ白になったときの恐怖を知っているか?

3秒、目をつぶって車運転できるか?メッチャ怖いよ。

そんな感じで、真っ白な目隠し状態になるホワイトアウトの恐怖。現に、何人も死者が出ている。先日は、ホワイトアウトにあい、自宅の手前で、低体温症で息絶えた事故があった。こんな冬のどこがいいというのだ。何一ついいことはない。

インフルエンザの流行も大体この時期だし、何といっても雪かきの時間がもったいない。めんどくさい。

私の場合は、朝はどんなに雪が積もっていても雪かきの時間はなく出勤するだけ。夜9時ころ帰宅し、それから雪かきをする。気が遠くなるくらい、死にたくなるくらい雪が積もっていることが何度もある。そうやって1日の終わりを雪かきで疲弊して終わる。

ホント、冬死ね!

中島美嘉の「雪の華」が映画になったね。あの曲は好きだ。

「♪今年最初の雪の華を~」の♪なお~の部分が好きだ。

でも、雪は嫌いだ!