短い日記

オッサンの短い日記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

「MUSIC DAY」を見ながらビール飲みながら

私の住む北海道は、この7月だというのにストーブのスイッチオンですよ。

果てしない大空と広い大地のその中で、寒くてビールも飲めません。というのは嘘で、ビールはいつ飲んでも美味いです。3週間ぶりの休日は、薄暗い天気で、夕方からテレビを見たら「MUSIC DAY」という長時間の歌番組でバブルソングメドレーをやっていた。

もう一度、元気なうちにあのバブル経済の再来がないかと願うばかりです。あの30年前の狂喜乱舞の時代がもう一度来てほしい。ワンレンボデコン、いかった。

ところが待っている未来は、暗い。間違いなく、暗い。

東京オリンピックの2020年には、女性の過半数が50歳以上となる超~熟女の時代が来る。熟女好きにはたまらない時代かもしれないが、私のようないつまでも若くてピチピチのお姉ちゃんが好きな人間にとっては、暗黒である。というのは嘘で、いくら若くてピチピチのお姉ちゃんが好きでも、相手は私のようあオッサンは完全に恋愛の対象外だから、熟女が増えた方が可能性があるということだ。

「なんの可能性なんすか、それ?」って、後輩にツッコまれそうだ。独身ならまだしも、妻子ある身で何言ってるんだオレは。

どうやら、天気が悪いと、頭もおかしくなるようだ。

だけど、心なんてお天気で変わるのさという六本木心中のアン・ルイスは正しい。

お天気も、女性も明るく輝く方がいい。

さわやかな青空のようなピチピチのお姉ちゃんがいい。

繰り返すが、私の同年代のオッサンに言いたい。

私たちが、いくら清潔にして、どんないい服着ても、若いお姉ちゃんの恋愛対象にはなりません。特に独身のオッサンは、その現実を肝に銘じましょう。

天気も女性も、明るい方がいい。

さわやかな青空のような新垣結衣と、幸うすいイメージの木村多江とでは、どちらが好きかっていうと、そりゃ当然、両方とも好きだよ、オレは。

オッサンは明るくても暗くても、いい女なら好きだよ。

いい女なら、SでもMでもどっちでもいい。というか、SもMも両方好きだ。デブでも痩せでもどっちでもいい。いや、デブと痩せはどっちもだめだ。

とにかく、久しぶりに休みになって、ビール飲みながら、久しぶりにブログを書くと、何書いているのかわからなくなるばかりだ。支離滅裂だ。

昔、「支離滅裂の尻」というAVがあった。私のような「お尻フェチ」にはたまらなかった。

結局、そうやって下ネタに行くオッサンって嫌いと言われるけど、そんなけがれのない清純な女と、多少、大人の会話ができる女とではどっちが好きかって?そりゃ、お尻の大きい方だよ。