短い雑記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

嵐の活動休止!何ごとにも突然に知らされる

ヒロシです。活動を休止する金銭的余裕がオレにはないとです。

多分、このニュースは今年で一番、国民に衝撃を与えたニュースになるだろう。嵐 の活動休止。

働きづめ妻の唯一の楽しみは嵐なのだ。お悔やみ申し上げるしかない。

私はその活動休止を決める会議に出席しておりませんので、彼らの心情の深いところはわかりませんが、大野君は嵐から解放されたい気持ちもあったのではないかと思うのです。どこかで区切りをつけないと、このままでは、行き場のない迷路で、どこかで決断するしかないという思いもあるような気がします。

5人それぞれが、嵐を大切に思うからこその決断であったと納得しております。

いつかは終わりがあるとわかっていても、ほんとに終わりを突きつけられるとそのインパクトはでかい。いつもこういう決定を知るのは突然なものだ。

何事にも永遠はないということがいろんな出来事で感じることだが、そのことはいつも聞く側は突然なのだ。

嵐ファンとしては、たぶん一縷の望みは、解散でなく、活動休止という発表だろう。

大野君の自由な生活がしたいという気持ちが全てを語っているように思いますね。

大野君は最後にリーダーとしての最高の仕事をしたと思うし、受け入れたメンバーの絆は強固だと思うね。5人じゃないと嵐でないという言葉は重い。

嵐ロスは日本に大きな影響を与えるだろう。

とにかく全ての特別な出来事は、突然に襲いかかる。

まあ、解散ではなく休止ですから、ご安心いただけますようお願い申し上げます。べつに私が言うことではありませんが。

それにしても、馬鹿な「無責任」質問に、桜井君の反論は見事だった。