短い雑記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

橋下徹さんの言動は好きですよ

昨日、ドラッグストアのトイレで、このウォシュレットのパワーに勝てる肛門ってどんな肛門よ!って思いました。

そんなことどうでもいいのですが、

私は、橋下徹氏の言動は前から好きですよ。

でも、ちょっとね~って思ったんで。

昨日の橋下徹氏のツイート。

役人とは言うまでもなく公務員。

こういうツイートをすると、多くの人は賛同し公務員を目の敵にしたコメントをするんだよね。

公務員全員の給料を減らし、減らした分を国民への給付に充てればいいとか、橋下さんのいうとおり公務員の給料を半減させないと公務員にリアル感が生まれないとか、とにかくコロナの状況でも給料がびた一文減らないことに怒りを感じるとか。

みんな、クルクルパーなの?

この医療崩壊が起きそうなこの時に、ズタボロになって働いている公立の医療機関の看護師も公務員ですよ。災害で危険な場所でも救助活動をしてくれる自衛隊も公務員ですよ。そんな人たちの給料を半分に減らせと言うのか。

公務員を簡単に一括りにして短絡的に給料減らせというのは、思考停止のクルクルパーでしょ。

厚労省、経産省、財務省など、過労死が出ると思いますよ。それぐらい働いてます。

そういうと、公務員は公僕なんだから、人のために尽くすのが当たり前。その志がない者はいらない。給料は税金で出てるだろ!

と正論を吐いて悦に入る人もいる。

結局、公務員は守られて恵まれた職だというわけのわからい被害妄想を持ちすぎの人が多い。感謝の気持ちがなさすぎ。

私は公務員じゃないけど、ちゃんと志を持って仕事にあたっている公務員はたくさんいますよ。

そういう人まで全部まとめて、やる気も誇りもなくするようなこと言ってどうするの?公務員がしっかり働いてくれるってことがどれだけ大切なことか。まして、公務員の給料を下げたところで、難くせ付けてる人の給料が上がるわけでもあるまいし。そりゃ、ヘンテコリンな公務員も一定割合いるだろうけど。

公務員をフラストレーションのはけ口にするのは、エネルギーの使い方が違うでしょ!って思いますけど。

それにしても、あのウォシュレット、その勢い、わけもなくうらやましい。俺にもその勢いが欲しい。