短い雑記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

「持続化給付金」とはどんなものか?新型コロナ対策。

こんばんわ、ラッシャー木村です。

映画「タイタニック」は何度も見た映画の一つだ。

いちばん繰り返し見た映画は「チャップリンの黄金狂時代」。何回見たかわからん。べつに面白くないけど好きなんだ。

ということで今、タイタニックをビールを飲みながら思い出しているわけだが、日本の新型コロナ対策が、タイタニック号でなければいいが・・・と思う。

タイタニック号は警告無視して激突。

タイタニック号は救命ボートが不足していた。

タイタニック号は救難無線の発信も遅れた。

タイタニック号は助かる可能性のあった多くの命が失われた。

タイタニック号は真っ二つに割れて沈没した。。。縁起でもない。

海外からは手遅れだとバッサリやられている日本の緊急事態宣言。

政府からの補償の内容があまりにもしょぼいといわれている。

だが私は、日本はタイタニックにはならいと信じております。

 で、これもたいしたことないんですが、新型コロナについて、「持続化給付金」というものができます。本日現在、まだですけど。

令和2年度の補正予算の成立を前提としているので、内容が変更となる場合がありますが、以下のような給付金です。補助金ではありません。

給付対象者は、中堅企業、中小企業、小規模事業者、個人事業者等で、新型コロナウイルスの影響で、売上が前年同比で50%以上減少している者です。

給付額は、

前年の総売上(事業収入)-(前年同月比▲50%月の売上×12か月)

で計算し、法人は200万円以内、個人事業者等は100万円以内。

(Q&A)

Q:生活費に使ってもいいのか?

A:これは給付金であり使途は限定されないが、事業を継続していくためのもの。

Q:個人給付(1世帯30万円)と両方もらえるのか?

A:可能です。

Q:他の補助金との併用は可能か?

A:可能です。持続化補助金、ものづくり補助金など、他の補助金と併用は可能。

Q:複数回申請できるのか?

A:それはできない。

Q:いつ支給されるのか?

A:申請から2週間程度の予定らしい。

もう一度いいますが、令和2年度の補正予算の成立を前提としているため、内容が変更となる場合があります。

ということで、50%以上ダウンはちょっとハードルが高いかもね。できれば、30%ぐらいを基準にしてもいいと思うけどね。

まあ、該当する事業主さんは申請しましょう。中堅企業にとっては微々たる額だし、少ないけどもらえるお金だから。あとで返済しないとならない借金ではないからね。