短い日記

オッサンの短い日記です。

「痴人の愛」谷崎潤一郎を読んだ。面白いよ。

先日、私にとっては来るべき時が来たという感じで、人事異動の内示があった。3度目の異動だ。ことの詳細は書いても人にはわかるはずもない私の仕事のことなので書きませんが、まあ、めんどくさい話です。今のところがけっこう気に入っていたので、気分はへこんでます。来年の4月から新天地というか、クソ田舎にしばらく赴任します。

月曜日から木曜日までは一人暮らし。金曜日、仕事が終われば自宅に帰り、土日は自宅で過ごすという感じになるだろう。

そんなわけで、楽しみはいよいよ読書くらいか。

そんな中で、今、読んでいたのが、谷崎潤一郎の「痴人の愛」。なんで今頃そんな本を読んでるの?と思うかもしれませんが、たまにこういう作品にも触れたくなっただけです。でも、これはホントに面白いですね。おすすめですね。

このナオミという女はどんな顔なのか想像しながら読んでおりましたが、このナオミに翻弄されるドMの主人公のダメ人間ぶりが面白い。

ストーリーはいたって単純なのですが、人間はいかにアホで面白くできているかがわかりますね。これだもの、政治家も芸能人も不倫するのでしょうね。私はしませんよ。私は。

大正時代の作品ですが、永久に残る小説ではないでしょうか。こういう、古い時代の巨匠の作品を読んでみるのも面白いです。

今なら、こんなやり取りはラインで簡単にできるのに、電報だとか、いろいろ大正時代を感じるのも面白いし、人間の愚かで面白い恋焦がれる心境は、いつの時代も変わらない。

でも最近の若いもんは、恋愛とかセックスに関して、昔とはだいぶ違っているらしいんだ。

肉体関係に興味のない、20代30代が増えている。ビートたけしが自分の書いた小説の対談で、今の男の子は女の子とそんなことするのがそんなに重要じゃない感じがする。我々の若い頃は頭の中の80%を占めていたと言っていた。

私もね若い頃は90%は占めていたかもしれないが、最近はその能力さえなく、私のあそこは動かざること山のごとしで、恋の予感がしても、下半身は安全地帯になってしまった。こんな夜にお前にのれないなんて、こんな夜にハッシャできないなんてといっていたころが懐かしい。

f:id:oji3nosonogo:20171104103707j:image