短い雑記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

「なつぞら」月曜日の朝から泣けるわ

毎朝、車で片道約40キロを通勤しておりますが、運転中の車で毎朝「なつぞら」を見ています。

毎朝広瀬すずの顔を見れるだけで、長距離の通勤も苦ではない。

今朝のように、警察を刺して拳銃を奪った犯人が逮捕でもちきりでも、どんな事件があっても、8時からの15分は「なつぞら」を見ている。

いいな、広瀬すず。おじさんは好きだ。

やっぱり顔がかわいい。

息子と結婚してください。冗談です。

ということで、月曜の朝から今日のは泣けてしまった。

なつ(広瀬すず)が泣くと、おじさんも泣いてしまうわ。

いつもパソコンやスマホでドライアイなので、朝から乾いた眼が潤った。

それにしても朝から曇りの月曜日は気分が悪い。若い時からそれは変わらん。

そんな一日の始まりで、事務所についてしばらくして、取引先の営業が先月辞めたと聞いた。理由はわからないが、太めで人のよさそうな営業マンだった。熊田君と言って、子供がサッカーをしていた。

会社辞めた熊田君は、これでまさに「くまのプーさん」になったということか。

それとも、どこかいいところに転職したのかな。

まあ、それはいいとして「なつぞら」の悲しいシーンでこの先予想されるのは、天陽くんだ。

なつにとって重要な人物で、なつのことが好きだった天陽くん。そのモデルは、神田日勝であるから、彼は昭和45年に32歳の若さで腎盂炎による敗血症のため亡くなっている。

ここがドラマでどう組み込まれるのかね。ヤバいね。

なつが泣くと、おじさんも泣く。

涙のかずだけ強くなれるよ、アスファルトに咲く花のように。

アスファルトに咲く花なんて見たことないよ。