短い雑記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

夏の甲子園が終わり、風あざみ

101回目のプロポーズはひと昔前のドラマでしたが、夏の甲子園も101回ということで、それがどうしたものでもありません。

夏の甲子園が終わると、北海道は完全に夏の終わりです。

今年は例年より暑い夏でしたが、過ぎてしまえばあっという間で、「風あざみ」というか「宵かがり」というか何言ってるかわからんけど、もう秋なのかというわけのわからない感じになって、車を運転してました。

海沿いのカーブを曲がると夏も終わるんだから、クラクション鳴らしたら、あおり運転されるよ。

世の中、ああいうアホがいっぱいいるから気をつけよう。とにかくいい歳して、ヒマな腐った男女がくっつくとろくなことがない。

なんの話だ?

夏の甲子園だ。

それにしても、大阪の子らは何食べてるのかね。なんでそんなに強いの大阪は?

昨年の大阪桐蔭に続き今年は履正社の優勝で大阪勢の2連覇。どうして勝たせてあげたい方が負けるのかね。

 当然このド平日なので、ゆっくり試合を見ることはできず、途中経過と結果のみネットで見たわけだが、星稜残念でした。というより、履正社初優勝おめでとうだよね。

どうしても星稜寄りだったのは、1回戦で我が地元の旭川大高が1-0の惜敗だったので、星稜に優勝してもらいたかったわけよ。そして奥川くんの純朴でまっすぐな感じがすごくイイしね。まあ、でもどっちが優勝しても高校野球はほんと好きです。終わったことが寂しい。

short.hatenadiary.jp

とにかく星稜の奥川くんの将来に期待します。

今日は打たれたが、私の個人的な感想を言えば、高校3年生の時点では、マー君より奥川くんの方が上じゃないかと思うくらいすごい。専門家によれば伸びしろもあるとのことで、プロに行けばマー君のような活躍が期待できる。

大船渡の佐々木くんと今年の高校生でプロでも活躍する投手はこの二人だけでしょうね。

まあ、そういうことで私の当初の優勝予想4校のうち、この2校で決勝戦になりましたという、ナニ自慢ですか?的なことはありますが、やはり履正社は打つね。大阪は強い。奥川君でも抑え込めなかった。星稜の全国制覇の夢はかなわなかった。

夢はつまり、想い出のあとさきということで、なんだかわかりませんが、あっという間に私の時代は終わった。