短い日記

オッサンの短い日記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

この世には無限に本がある

ビール飲む暇はあっても、ブログを書く暇はありません。

早く定年になりたい~!
ここ数年、小説を読むことが人生の楽しみになっており、この世には無限に小説があるということで、楽しむ資源は枯渇しないという安心感があります。
定年後は、思う存分、いろんな本を読む時間があると思うと、楽しみで仕方ありません。

世の中には、定年後の生き方についておせっかいな指南本があふれているが、書かれてることは大体同じでしょう。
「カネ」「健康」「孤独」「生きがい」。
老後資金はいくら必要で、どう準備するか?
健康年齢を伸ばすためには?
老後の一番の問題はカネではない。孤独だ!だか ら、趣味の仲間とか、地域デビューとか、サークルに入るとか、生きがいをみつけることだとか、延々と語られる。
そりゃそうでしょう。
健康で、カネもあり、毎日楽しく過ごす仲間がいる人生は、生きがいに満ちたイイものでしょう。わかります。私だって、そう思います。
やることがあって充実した日々。趣味の仲間や楽しみを共有する仲間がいる。カネの心配は一切ない。すばらしいことです。
でも、そんな楽しく輝く、生きがいに満ちた定年後を過ごす人間がどれだけいるのか?
私は、ほぼいないと思うね。

だから、定年後問題は、
いちいちうるせぇ!と一蹴し、
自分の好きなようにするしかない。

私も、偶然この 時代に生きてしまっている以上、定年まで、まだ10年もある。
10年は長い。
でも過ぎれば、間違いなくあっという間だろう。人生は、結局、あっという間に終わるはずだ。
定年本は、定年になる前の準備が重要だと書いている。
今のうちに仲間と楽しむ趣味を持ったり、地域に溶け込んだりしろ。わかってるって。
そりゃそうする方がいいでしょう。
だから10年もあれば、オマエも何か準備できるって。
心がけひとつかもしれません。
でも、私はきっとわざわざやらないね。
無理矢理、生きがいとか充実した人生、孤独を回避する人生を狂ったように追いかけるのもね。
こうでないといけないなんて、思わなくなってきたし。
他人の言う、正しい生き方なんて無視した方がい。

私の場合は、今のところ仕事でいっぱいいっぱいの人生で、イヤなら辞めりゃあいいんだが、そうもいかず、そんな中で音楽を聴きながら本を読む時間をなんとか確保するのがやっとで、定年後の準備どころじゃない。そんな暇あるなら、ビール飲む。

私の楽しむ資源は枯渇しないという安心感がありますから、早く定年になりたい。あこがれのサンデー毎日。