短い雑記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

士別市「手打ちそば淳真」多寄そばの美味さを知れ!

あ~、オレも田中みな実になりたい。ってビールも飲んでないのに何言ってんだオレ。

今日は嫁ちゃんとデートしておりました。

連休2日目ということですが、北海道もいまいち残念な曇り空です。

ちょっくら湖に行き、今度キャップするか~ということにしておきます。

f:id:oji3nosonogo:20200724185004j:image

北海道士別市にメッチャ美味い蕎麦屋さんがあるんだよ。

「手打ちそば淳真」

私の住んでる地元には、こんなおいしい蕎麦屋さんはありません。いや、知らんけど。

もともと、蕎麦を好んで食べる方ではないのでね。

でも、ここの手打ちそばは絶品!

f:id:oji3nosonogo:20200724185023j:image

注文したのは、一番人気のなんだっけ?忘れた。

というのはウソで、「ピリ辛肉つけそば」。

f:id:oji3nosonogo:20200724185041j:image

そばを食べる時は、何もつけないそばを一口食べてほぼ判断しちゃう。温かいそばではできない第一印象。

ラーメンでは、リフトして、フーフーして一口目のアタックと同じようなイメージ。

それで脳ミソが正解だったか不正解だったか勝手に判断し、その方向で始まる。

この店は、何もつけずに食べたそばの味が素晴らしかった。

確信した。これは美味いと。

とにかく今まで、これといったそばに巡り合っていなかった。唯一、一店を除いて。

友人知人の情報をもとに、行った店のほとんどで感動なし。

それでなおさら、オレはそばがそんなに好きではないようだという結論が固まりつつあった。

でもやはり、美味いもんは美味い。

そばは「挽きたて、打ちたて、茹でたて」の三たてといわれるが、その上で差がつくのが職人の腕だよね。

店主の山崎淳司さんは、多寄のそば粉にほれ込みこれほどの店にした人物ということで、今後も語り継がれるだろうとオレは思うね。いや、知らんけど。

f:id:oji3nosonogo:20200724220937j:image

いろいろそばの産地はあるものの、多寄のそば自体がホント間違いなく美味いんだ。

ということで、嫁ちゃんが「美味しい!」と喜んでくれたのがなにより一番の喜びです。

また嫁ですか。

HAIHAIWAKARIMASHITAって?

まあ、そういわれてもね。

嫁が大好きなもんで。

ということで、また。