短い雑記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

渋野日向子「笑顔の勝利」の価値

渋野日向子選手のすごいいい笑顔。みんな心を持ってかれたね。

あの屈託のない笑顔はどうしようもなくかわいい。

笑う門には福来るというのはマジです。

鬼気迫る表情で張り詰めたプレースタイルじゃない、世界中が今まで見たこのとのない強さ。それが渋野日向子の笑顔だ。
どんな時でも笑顔を忘れない。この人の強さですよね。甘えない、ふてくされない。

「ゴルフは最終的には人間力です」といった言葉を思い出した。

でも、それをこえてるねこの笑顔は。

「ゴルフは笑顔で楽しんでするもの」と世界が思い知ったのだ。
首位タイで迎えた72ホール目の18番。
バーディーを奪えば優勝、パーならプレーオフという状況は、強靭な精神力を持った米ツアーのトップ選手たちでさえ、
「まさにシビれる、心臓が止まりそうなシチュエーション」という緊張の最終ホール。
普通ならティーグラウンドに立つのさえ、足がフワフワして宙に浮きそうになるくらいだろう。
しかし、フェアウエイからセカンドショットを打とうとしていたときでさえ満面の笑みを見せながらキャディと会話していた渋野。
全世界がはじめて見るシンジラレナイ選手だ。この場で笑顔。運命の一打を打つ前にさえ笑顔なのだ。
このメンタルは、強靭を超えた別物なのか。

最後のあのパット。ライン読んでるときも笑顔を見せて、入るかあのパット。すごい!

笑顔は人生の最強の武器であり、最高のパワーなのだ。
これは、多くの人が学ぶべきことだと改めて思った。
人生をよくする最大のパワーは「笑顔」だ。笑顔は人を味方にする。笑顔は人を笑顔にする。
この「笑顔の勝利」は42年ぶりの日本人によるメジャー制覇という快挙を、もっと違う、もっとすごいものにした。ただの快挙どころではない気がする。

それにしても、これ一時的にバカ売れだね。