短かい雑記

オッサンの短い雑記です。含蓄のある事、書けと言えば書けますよ。

スポンサーリンク

読書

すしざんまいが3億3360万円で競り落とす

もう正月休みは終わりました。イヤ、まだ2日あるじゃん。 イヤ、もうただの土日です。 新年の仕事始めが月曜日という最強のスタートで、今からやる気満々です。もちろんウソですけど。 この正月休みは、酒と読書でだいぶ費やしました。 特にこの本は話題に…

その先の道に消える

舞い落ちてきた雪の華が、窓の外ずっと、降りやむことを知らずに、僕らの町を染める。って、冗談じゃないよ、とうとう冬本番だよ。 雪と冬がこの世になければいい。 窓の外を見ながらいつも思う冬大嫌いのオッサンです。 北海道に住んでいながら、冬が大嫌い…

北方領土問題

Q:北方領土問題が解決するでしょうか? A:知らん! ということで、先週土曜日は札幌の大学に通っている息子と再会。嫁と息子と妹と姪っ子4人で嵐のコンサート。年に一度の嫁の楽しみ。朝早く車で旭川を出発し、コンサートの前、嵐のグッズ販売につき合わさ…

大阪桐蔭の根尾君が読んでいる本

大阪桐蔭の根尾君が読んでいる本ということで報道されたとたん、アマゾンでランクインした。 根尾君は、言うまでもなく世代ナンバーワンの選手だが、頭の方もものすごくいいのだ。 野球だけでない、人間としての磨き上げがすごいのだ。 彼が読んでる本がいき…

働きたくないけどお金は欲しい

最近の相談はビジネスの話だけではなく、夫婦間の話も多い。家族のこととか。 知り合いの奥さん、出産後20キロも太ってしまい、夫からデブはムリと言われて、離婚したいと言っていた。 まあ、相談というより、愚痴を聞かされた感じだが、見たところ、あんた…

レキシントンの幽霊

今日はうまいぐわいに天気が悪く、我が町は寒くて小雨が降っていた。 こんな日に、外ですることは何一つなく、散歩すらする気にならず、昨日3冊買った本のうちの1冊を読んだ。 レキシントンの幽霊。 なんでこの本を買ったのか自分でもわからないが、適当な…

「痴人の愛」谷崎潤一郎を読んだ。面白いよ。

先日、私にとっては来るべき時が来たという感じで、人事異動の内示があった。3度目の異動だ。ことの詳細は書いても人にはわかるはずもない私の仕事のことなので書きませんが、まあ、めんどくさい話です。今のところがけっこう気に入っていたので、気分はへ…

カズオ・イシグロ「日の名残り」貴重な一冊となる

読みましたよ。いい作品でした。 カズオ・イシグロ氏。恥ずかしながら、今年のノーベル文学賞を受賞したことで知りました。それまで知りませんでした。 ノーベル文学賞受賞がニュースとなったとき、早速アマゾンんで購入。代表作ということなのでとにかく読…

カズオ・イシグロ「日の名残り」届く

読書の秋。 いや、わが町はもうすぐ冬です。初雪も降りました。今朝は今シーズン初の氷点下でした。 本が好きなんですが、読んでもホント忘れるんですよね。読んでも読んでも次から次と忘れてしまう。面白かった本だということは覚えているけど。せっかく読…

「ボクたちはみんな大人になれなかった」燃え殻 読んだよ

昨日、この本を知り、さっそく買って読んだ。 テレビ業界の過酷さとアングラさのハードボイルド感もあるし、叙情的な文章はホント、ガーサス。ガーサスです。なんか、泣ける。 おっさんには青春時代が蘇ってきたような部分もあるし、出会いと別れの人生がそ…